レンタルサーバーでgitを使う(その2)「fatal: Unable to find remote helper for ‘https’」の解決

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロジェクト管理、ソースコード管理において欠かせない存在であるGit。
自前のサーバーで使う場合は特に何も考えずyumでさくっとインストールしてしまえばいいんですけど、ルート権限のないレンタルサーバーで運用するときにどうするか、というのが問題。

これについては、以前に書いたこちらのエントリー
エックスサーバーでGitをインストール | CentOS & Fedoraテクニック
で基本的にはOKなんですが、今回問題が発生しました。

これまでは、GitレポジトリサーバーをSSH接続できる自前の別サーバーにしていたんですが、Bitbucketという無料のGitレポジトリサービスを使わせてもらうことにしました。

すると…

HTTPSのエラーが発生

fatal: Unable to find remote helper for ‘https’
Clone of ‘https://bitbucket.org/linux-tech/myproject.git’

httpsに対するリモートヘルパーが見つからない、とのことです。これは同じくHTTPSプロトコルで接続するGithubにも起こりえますね。

プロトコルの解決といえばCurl。どうやらcurl-develパッケージが存在しないために、curl をリンクできていないようです。

curl-develをインストール

$ wget http://curl.haxx.se/download/curl-7.46.0.tar.gz
$ tar zxvf curl-7.46.0.tar.gz
$ cd curl-7.46.0
$ ./configure –prefix=/home/[ユーザ名]/opt
$ make
$ make install

これでうまくいくようになりました。
もしこれでもうまく行かなかったら、Gitをインストールし直すといいでしょう。

$ wget https://github.com/git/git/archive/master.zip
$ unzip master
$ cd git-master
$ make configure
$ ./configure –prefix=/home/[ユーザ名]/opt –with-curl=/home/[ユーザ名]/opt
$ make all
$ make install

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>