カテゴリー別アーカイブ: 管理・運用

LinuxのOS/ディストリビューションを確認するコマンド

このエントリーをはてなブックマークに追加
cat /etc/issue
cat /etc/ディストリビューション-release

使用しているディストリビューションを調べるコマンドというのは、実は存在しません。
ただし、/etc/以下に、ディストリビューションのバージョンを記述したファイルが必ずありますので、catで参照します。
続きを読む

シングルユーザモードで起動する

このエントリーをはてなブックマークに追加
起動画面で[a]を押してGNU GRUBメニューで設定

途中で切り替えるのではなく、最初からシングルユーザモードで起動する場合は、GRUBを使います。CentOSでは起動時には直接GRUBが見えないようになっているので、青い画面が出た後にて機能なキーを押すと「GNU GRUB」というメニューになります。

起動するカーネルを選択して[a]を押すと、次のようなコマンド入力画面が表示されます。

grub append> ro root=LABEL=/

ここにシングルユーザモードの[s]を追加して[Enter]を押すと起動が開始します。

grub append> ro root=LABEL=/ s Enter

作業終了後は、Ctrl + d でログアウトして通常のランレベルに切り替えられます。

シングルユーザモードに切り替える

このエントリーをはてなブックマークに追加

シングルユーザモードは、一般ユーザは利用できないモードです。ランレベル1で指定されています。全てのDaemonが停止した状態で起動しますが、ファイルシステムのマウントは実行されます。メンテナンスやバックアップの際に使用します。Windowsで言うところの「セーフモード」ですね。

シングルユーザモードになる

[root@myserver ~]# telinit 1

作業が終わったら、

telinit 3

で元のランレベル1に戻します。

(※注:VPSでリモート接続している場合、「telinit 1」した瞬間に操作できなくなりますのでご注意を。)