カテゴリー別アーカイブ: シェル

Linuxのテキストブラウザで表示を確認 [elinks]

このエントリーをはてなブックマークに追加

GUI環境が使えないターミナルでも、実はブラウザは用意できます。それがこのelinks。
使い方は、elinksコマンドにURLを引数で与えるだけです。

elinks http://www.yahoo.co.jp/

これでこんなふうに表示されます。

elinks2

これで例えば、IP制限をしているWebサイトがちゃんと思ったとおりの挙動になっているか、新しく公開したドメインのDNSが浸透しているかどうか、などを、わざわざ別の接続環境を用意したりすることなく確認することができますね。

elinksコマンドが存在しない、と言われたらyumでインストールしましょう。

yum -y install elinks

ロリポップのSSH接続でviの文字化けを解消する

このエントリーをはてなブックマークに追加

低価格大容量でナウなヤングに人気のレンタルサーバー、ロリポップ。
チカッパプランでは、SSH接続もできて便利そうなので試しに借りてみました。

レンタルサーバー会社によっては、SSH接続はできても使えるコマンドが厳しく制限されていたり、公開鍵認証が使えなかったりと、思うように使えないこともよくあります。(最近だとサーバーカウボーイがそうだった)
ロリポップは、2週間のお試し期間があるのでその点安心です。公開鍵認証もGitも使えるので、正式利用することにしました。

が、ファイルを編集してみようとすると日本語部分が文字化けします。
どうやら、サーバーのエンコーディングがEuc-JPになっているようです。
WordPressを始め、最近のWebアプリ事情はUTF-8が基本なので、ここもそれに合わせましょう。

ログインしたところ、ユーザーのホームディレクトリに、.vimrcを新しく設置します。

$ vi .vimrc
syntax on
set nobackup
set termencoding=utf-8
set encoding=utf-8
set fileencoding=utf-8
set fileencodings=iso-2022-jp,euc-jp,utf-8,ucs2le,ucs-2

これでファイルの編集、保存も問題なくできるようになりました。

まとめて複数のパスワードを生成する

このエントリーをはてなブックマークに追加
for文で繰り返し実行

以前紹介したランダムパスワードを自動生成するコマンドのテクニックでランダムパスワードが生成できます。
サーバ管理者としては、複数のユーザ向けに大量のパスワードを生成しなければいけない場面がたまにあります。
そんなとき、1件ずつ作ってコピペするのは大変ですね。端末上でfor文を回してまとめて作りましょう。

[user@myserver] $ for var in 1: 2: 3:
> do
> echo -n $var
> mkpasswd
> done
1:)H0rj1Sgx
2:9Oz8zu%gO
3:ve%5yH7xC

1行で書いて実行もできます。

[user@myserver] $ for var in 1: 2: ; do echo -n $var; mkpasswd; done
1:)H0rj1Sgx
2:9Oz8zu%gO
3:ve%5yH7xC

aliasとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
コマンドを定義する別名をaliasという

aliasを利用すれば、よく使うコマンドを別名として登録して、簡単に使うことができます。
よく設定されているのは、
ll

ls -l
(ファイル一覧をリスト形式オプションで)を呼び出すようになっているaliasですね。

現在どんなaliasが設定されているかは、aliasコマンドで確認できます。

現在のaliasのリストを表示する

[user@myserver ~]$ alias
alias ll=’ls -l –color=tty’
alias ls=’ls –color=tty’

独自のaliasを設定する

自分用のaliasを独自に設定する場合は、ホームディレクトリにある.bashrcに記述します。

例えば、viコマンドでvimを実行したい時はこんなふうに記述します。

$ vi ~/.bashrc
alias vi=’vim’
# User specific aliases and functions
alias vi ="vim"

記述して保存したら、一旦ログインし直すか、sourceコマンドで先程の.bashrcを実行することで反映されます。

source ~./bashrc