aliasとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
コマンドを定義する別名をaliasという

aliasを利用すれば、よく使うコマンドを別名として登録して、簡単に使うことができます。
よく設定されているのは、
ll

ls -l
(ファイル一覧をリスト形式オプションで)を呼び出すようになっているaliasですね。

現在どんなaliasが設定されているかは、aliasコマンドで確認できます。

現在のaliasのリストを表示する

[user@myserver ~]$ alias
alias ll=’ls -l –color=tty’
alias ls=’ls –color=tty’

独自のaliasを設定する

自分用のaliasを独自に設定する場合は、ホームディレクトリにある.bashrcに記述します。

例えば、viコマンドでvimを実行したい時はこんなふうに記述します。

$ vi ~/.bashrc
alias vi=’vim’
# User specific aliases and functions
alias vi ="vim"

記述して保存したら、一旦ログインし直すか、sourceコマンドで先程の.bashrcを実行することで反映されます。

source ~./bashrc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>